2009年01月27日

『冬の運動会』

岡田准一が、好きだ。
以前『東京タワー』を見たときは、実はそのよさがあまりよくわからなかった(^_^;)

が、深夜ドラマ「SP 」で炸裂した。
真田広之に似ているところも、いい!
なんといっても、男臭い。
年をとればとるほど、渋くなってゆくと思う。

・・・などという話し手をしていたら、友人が貸してくれたのがこれ。




基本的に、向田邦子も、好きだ。
私的には、向田邦子といえば、圧倒的に『阿修羅のごとく』だ。

この人の原作には、いつも"もうひとつの世界"が出てくる。
その多くは、男性が持つ"もう一つの居場所"だけど、実は女性だって、欲しい。
責任や立場が出来れば出来るほど、そういう場を求めるのだと思う。
まぁ、そこに"もう一人の男性/女性"が絡むかどうかは、それぞれだでしょうけれど。

それにしても、さすがにもう一人の"親"は、すごいと思った。
その昔、近所のおじさんやおばさん、あるいは親戚の叔父さん叔母さんがが、実はそういう役割を果たしていたのだと思う。
先生も、それに近い存在であったんだと思う。
子供には、そういう存在が必要だ。

けれど、現代には、親ではない親身な大人との触れ合い/出会いが少ないように思う。
インターネットの社会は、それに取って代わるようで、変わらないようにも思う。
社会を、親とはまた違った視点から見ることができ、なにより、親を別の側面から見られる機会なんだと思う。
こうやって私たちは、表と裏・・というだけでなく、いろいろな側面から物事を見ることを学ぶように思うのだけれど・・・

同居しているおじいちゃんの存在も、良い。
別に同居していなくても、行き来できるそういう存在があると言うことが、すごく助けになる気がする。

そしてそれは、大人になっても欲しい場所。
女性は、特に母親になると、物理的にそういう場所を持ちにくいけれど、カルチャーセンターや、近所のグループや、なにかそういう"場"が必要だと思う。

身の回りを見渡せば、"場"そのものは、有り余るほど存在する。
けれど、その多くは、結局"たてまえ"でしか生きてゆけない場所になる。

家よりくつろげる場所、持っていますか?


posted by yuu at 09:40| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ/映画/音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。