2007年12月03日

ガリレオが面白い

今期は、呆れるくらいTVドラマが不作だ。

そんな中で嬉しいのは『相棒 シーズン6
決して派手さはないが、見ていて安心でき、かつ興味深い内容だ。
最初に見たときは、水谷豊の変わりように驚いたが、彼は良い人生を送っているのだなぁとも思う。
大人が見られるドラマだ。



そして、ずいぶん遅れて発見したのが『ガリレオ
なぜ発見が遅れたかというと・・・
福山雅治が嫌いだから(^_^;)
まぁ、綺麗とは思うが、性格がにじみ出ていて、どうしても好きにはなれない。
主役が嫌いなのに、ドラマが面白いということは、脚本がすごい!
・・・と思ったら、東野圭吾氏の原作で、なんだ、そもそも原作が良いんだった。



沢口靖子の『科捜研の女』がたまらなく好きで、今でもさらなる続編を待っている。ずーっとずーーっとやって欲しいくらい好きだ。



そんな捜査の科学を、今度は大学の物理教室に視点を移したたもので、なかなか興味深い。
ま、途中かなりすっとんでっちゃうので、鵜呑みにはならないけれどね。
ただ、いかにも"かっこいい福山君"をみせんかなの演出が多いのはちょっとうんざりだが、それを差し引いても、ドラマとしては面白い。

キャストで言うなら、最近、ちょこちょこ出ている真矢みきも、良い味出している。

さて、その『ガリレオ』の最終回に久米宏が出るらしいと言うので、これまたちょっと楽しみ。
先般、他の某番組で、相変わらずな"久米節"を披露していたが、彼のキャラクターは好きだ。
案外、大人向けの良い役者になるかも知れないのだけれど、まぁ、ゲスト程度にしか出ないだろうなぁ〜

この所のTV局のドラマ連動映画に乗らないわけもなく、来秋には映画公開も予定しているとか。

きっと、続編もやるんだろうなぁ〜


posted by yuu at 09:40| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ/映画/音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。