2008年12月02日

『アラブの大富豪』








アラブの大富豪 (新潮新書 251) アラブの大富豪 (新潮新書 251)

前田 高行



新潮社 2008-02

売り上げランキング : 10819



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんとも怪しい雰囲気を醸しだし、いまひとつ様子がわかりにくい、けれど、なぜか惹かれてしまうのが「中東」である。


以前







ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE 202) ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE 202)

福田 一郎



青春出版社 2008-05-02

売り上げランキング : 55240



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介したときにも、次のお勧めとして書いたのがこの本。

『アラブの大富豪』も新書なので、とてもうまくまとまっており、興味をそそられる内に読み終わってしまい、残念な気さえする。


"王族"と聞くと、日本人的には"皇族"と比べてしまいがちだが、なんの、彼らはばりばりとビジネスを行い、むしろ国の経済の中枢であり、彼らの稼ぎで国民は税金のない暮らしが出来ているのである。

そればかりか、世界の経済さえをも動かしている・・といても、過言ではないだろう。


"セレブ"などといって、盛り上がっている場合ではないのだ。



王族に生まれ、そこにはすでに有り余るほどの財産がありながら、彼らはその利息で生きてゆこうなどとはこれっぽっちも思わないようで、早くから大きな元手を如何にさらに大きくするかを、学ぶ。そのケタたるや、初めからスケールが違う。




国に天然資源があり、王族のビジネス手腕が優れていれば、国はこういう"かたち"になるのねと思わされる。

王族のために、国民が汗水垂らして働き、さらにその上前をはねられる・・・という、専制君主的な"かたち"とはイメージは随分異なる。

と思っていたら、



小飼 弾氏が、

それにしても、本書を読んで認識を新たにしたのが、アラブの大富豪たちが、いかに最高の「民主主義の敵」としてすごいのかということ。彼らが暴君だからで はない。その逆だからだ。彼らはその富を気前良く民衆にも配る。中東産油国に税金はなく、社会資本もすべて王族が面倒を見てくれる。権利はないが、それ以 上に義務もない。そして王族に優れたものがいれば、民主主義のややこしい手続きなしですぐに辣腕を発揮できる。




と書いていた。


日本の民主主義って、いったいなんだろう?

それぞれの"国のかたち"があり、そして、そこにいる国民のタイプがあるということか・・・



そういえば、ドバイで会社を興した場合、毎年会社登録料を払うだけで事業に対しては無税なのだそうだが、
残念ながら今のところ"永住権"という制度はないそうだ。

ま、そりゃそうか♪



ブックオフオンラインブックオフオンライン
ラベル:アラブ 書評
posted by yuu at 16:12| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月27日

中島らも

中島らもが亡くなったそうだ(;_;)
酔っ払って、階段で足を滑らせてころんで、脳挫傷で入院、そのまま意識が戻らなかったと。
彼らしい人生の幕引きだと言えば、そういえるのかもしれない。
でも、もっと書いて欲しかった。
60のらも噺。
70のらも噺。
80のらも噺。
読みたかったなーと思う。

実は、日本に居る間に読んだ彼の本は"ガダラの豚"だった。それも借りて。
それ以外には、余り興味を示さなかった。

が、ここへ来てから、何か気晴らし!?に、気楽に読めるものが欲しいなぁと思った時、我が家にずらっと並んだ"らも"を見つけた。
1つ読んだら楽しくなって、ある本全部読んだ。

同じように勧められた"お気楽本"に"大槻けんぢ"があった。
彼の本も確かに面白い。
けれど、なぜか彼の本を、私は楽しく読めなかった。
"らも"は読めた。

で、なぜか印象に残っているのがこれ。

「超老伝―カポエラをする人」

別に、他の本より、特に何かがよく出来ているとか、そんな特別な理由は何一つ無い。
ただ、印象に残っている。

他のどの本も、まだまだ続きを書いて欲しいなぁと思うようなものばかりなんだけれどな。
posted by yuu at 21:23| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月01日

寝転がって わはは! と読む本

b-ku.jpgああ言えばこう食う 集英社文庫
阿川 佐和子 (著), 檀 ふみ (著)
ISBN: 4087473317
集英社 2001/06
¥540


b-iku.jpgああ言えばこう行く 集英社文庫
阿川 佐和子 (著), 檀 ふみ (著)
ISBN: 408747576X
集英社 2003/05
¥560


b-futoru.jpg『太ったんでないのッ!?』
阿川 佐和子 (著), 檀 ふみ (著)
ISBN: 441803515X
世界文化社 2003/08/23
¥1,365




「どうにかこうにかワシントン」のコメントに"ゆめりんご"が書いてくれているとおり、阿川 佐和子嬢の本は、実に楽しい。

で、いろいろ楽しい中でも、やっぱりこの3冊をいわずにはおれなくなってしまった。

いずれも、日本からシドニーへ帰る飛行機に乗る前、空港で買ったものばかり。
いまひとつ飛行機の中で眠ることが得意でない私にとって、9時間半のフライトを、いかに短く感じさせる小道具を持ち込むかは、毎回大きな課題である。

・・・で、空港でチェックインを済ませるや必ず向かうのが本屋さん。
空港の本屋さんというのは、成田にしても関空にしても、手軽で楽しいものが上手に並べられていると、いつも感心する。
都心の紀伊国屋やジュンク堂では目に入らなかった本が、ここでは次々と面白そうに目に入ってくる。

阿川 佐和子と檀 ふみの"抱腹エッセイ"・・・いや"往復エッセイ"は、空港における私の食指を十分に満足させてくれるのみでなく、シドニー生活に少し疲れた時、ベッドにごろごろしながら読むのにサイコーなのである。

お二人とも海外経験豊富で、うんうんと頷く内容が多いこともあるかもしれないが、なにより文章のテンポがよく、話が一々身にしみる(^◇^)
そーそー!とつられて読んでいるうちに、落ち込んだ気分もどこへやら、なんとなく「ま、いっかー」という気分にさせてくれるからすごい。

日本人の友人に「気分転換にいいよー」とせっせと貸していたら、ある日「阿川佐和子、山盛りあるけど読む?」ときた。
なんでも、日本から来たお母さんに、「なんでもいいから阿川佐和子を買ってきて」と頼んだんだそうだ。頼まれたお母さんも、「よくわからないから、あるもの全部買ってきた」

この地でビジネス書なんていらない。
「阿川佐和子」があればいい!

阿川佐和子 ファンのホームページ
posted by yuu at 10:56| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

結婚生活の息抜き

b-7.jpg7年目のセキララ結婚生活
けら えいこ (著)
ISBN: 4889916997
メディアファクトリー 1999/03
¥924

人生煮詰まったなーと思った時手元にあると、ふぅ〜〜〜!っと気が楽になれる本。
別に、結婚生活を7年もやっていなくたっていい。
「あー、まー、そなんだよねー」
と思えるだけで良いのだ。

ま、一応、こんなのもありますが・・・

b-sekirara.jpgセキララ結婚生活
けら えいこ (著)
ISBN: 4062647079
講談社 2000/05
¥690

結婚直前・直後は、結構些細なことが問題になったりする。その些細なことで心が潤うこともあれば、心がさっさくれだってしまうこともある。
そんな時の息抜きに。


結婚を控えた女性には一読をお勧めしている。
もちろん、結婚後も、何度でも寝っ転がって楽しめる本。
結婚前に"現実"を知る本でもあるか・・・
posted by yuu at 17:23| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

長嶋家の謎―茂雄・亜希子夫妻&一茂&三奈

b-nagashima.jpg長嶋家の謎―茂雄・亜希子夫妻&一茂&三奈
ねじめ 正一 (編集), 長嶋家研究会 (編集)
ISBN: 433497242X
光文社 1999/12
¥1,000

先日、初孫を迎えられた長嶋元監督。
この人に関する微笑ましいエピソードは多い。
そんなエピソードを、監督のみでなく家族全員分綴られたのがこの本。


実はこの本、随分昔に近所のラーメン屋で最初に見つけた。
あんまり面白いので、また続きを読みに来ようと次に行った時にはなくなってしまっていたので、どうしても続きが読みたくて自分で買ってしまったという1冊。

東北遠征時に、東京駅前に鍵もついてエンジンもかかったままの車が置いてあったり、りんごは木箱で来るものと思っていたり・・・
結局長島家は、ある種"サザエさん的"一家である。
こういう家族が居ると、会社で嫌なことがあっても、人生違ったところでもっと楽しめるのかも・・・などと思ってしまった。
posted by yuu at 11:16| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。