2004年02月25日

ALASKA―Seventh Heaven

33181518.MZZZZZZZALASKA―Seventh Heaven
金本 孔俊 (著)
ISBN: 4916094514
青幻舎
2001/12
¥2,300


たまたま通り過ぎた本屋の特設コーナーの大きなポスターが目に入った。
そこで出会ったのがこの写真集。

オーロラが大好きだ。
いつか見に行きたいと思っている。
が、この写真集はアラスカのオーロラだけではなく、自然の素晴らしさそのものを余すことなく映し出していた。

自然が織り成す、なんともいえない色。
自然が作り出す、不思議な現象。
自然が醸し出す、荘厳さ。
そして、それぞれの写真が持つオーラ。

これを持たずして帰れない。
そう思った。

写真のいくつかは、下記でも見ることができる。
かなり再現されているが、写真集やポスターにはかなうすべもない。
ALASKAN MYSTRIES
posted by yuu at 08:51| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月24日

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2
司馬 遼太郎 (著)
ISBN: 4022640022
朝日新聞
1993/06
¥520


 どうしていきなりアイルランドで、しかも2なのか?
たまたま、そこにその本があったから・・・
で、何気に読み始めたら、これがあっというまにはまってしまった。

 北欧は好きだ。
西洋人がアジアを"エキゾティック"だと思うのと同じように、北欧のもつ独特の雰囲気がたまらない。いつか行って見たいと思っていたし、白夜は死ぬまでに一度見てみたい。

 それにしても驚いたのは、随分早い時代にアイルランドの大学で教鞭をとっていた日本人が居たということ。
現地の人間でもすでに使わないような言葉を使いこなす日本人が居るということ。
いつの間に日本人はそんなところまでいっていたのだろうか?

 ひとつひとつの景色や事柄から、司馬氏の溢れんばかりの知識で歴史的背景や余談にずれてゆく、その内容さえなお興味深い。

 文章の軽快さもあり、まだ見ぬアイルランドにすでに行ってきた様な感覚にさえ襲われ、一瞬満足しそうだが、いやいや、これだけいろいろなことを知ってしまったら、やっぱり実際に行ってこの目で見てみたい。

1もどこかでゲットしたいものだと思う。
posted by yuu at 08:39| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。